パートナーエージェントを利用した時のぶっちゃけた感想 後編

婚活コラム

マッチングアプリを利用して4年。結婚相談所在籍期間4カ月。
長い婚活生活を終え、3月から新しい生活をスタートさせていきます。
結婚相談所はタイトルの通りパートナーエージェントを利用していました。
実際に利用しての感想の後編になります。

『どんな感じの人が多かったか?』

20~30代の方が多かったです。
20代は27前後が多い印象でした。

身元や各証明書をきちんと提出している人しか入会できないため、特別変わった人は少ないでしょう。

利用してみて、年齢・職業・収入・容姿など様々でバランスが取れた会員層がいると感じました。

プロフィールの写真は結婚相談所が提携している写真屋さんで撮影されている。

とはいえ、マッチングアプリのように顔の一部が見えないであったり、加工アプリでかなり修正されていたりということはない。

ほぼ、同一人物の方と会うことができます。

『パートナーエージェントでよく利用したもの』

成婚ストーリーという成婚された会員の体験談を通勤途中や休みの日によく読んでいました。

婚活が上手くいっていない時期、何もしていない時間はどうしてもマイナスなことしか思い浮かびません。

そんな時、同じパートナーエージェントを利用していた人の体験談を読むことでとても励みになり、「こんな風になれるよう頑張ろう」という気持ちが沸いてきます。

『逆にパートナーエージェントで利用しなかったもの』

機能としてほとんど使わなかったものが3つあります。

一つ目は活動カレンダーです。マイページに活動カレンダーがあり、セミナーやコンタクト日が表示されます。

しかし、web上のカレンダーは使い勝手が悪い。

接続が悪ければすぐに確認できないし不便。

だったら携帯のカレンダーにメモしたほうが余程良い。

二つ目はメール機能。業務連絡や交際相手のことについて相談する時に使用します。ただ、使い勝手はよくない。どのメールも同じフォルダに集まるため、分かりにくい。

三つ目はイベント。年代別にセミナーや相談会や会員イベントを実施しています。ただし、有料です。

結婚相談所で相当のお金を落としているので、さらに追加負担は厳しかったので私は参加しませんでした。

今はオンラインで行っているようです。

『コンシェルジュの言葉で印象に残っていること』

二つの言葉があります。

一つ目は初面談の時

「選ぶ側でもありますが、選ばれる側でもあります。つまり選ばれるための努力をしなければいけません。」

言われて、ハッとなりました。選ぶこと探すことばかり、一生懸命になりがちです。

自分が選ばれるようにならなければならない。

自分を磨く努力を教えて貰いました。

二つ目は退会の意向を示し急遽面談することになった時

『手を握りたくなる、触れてみたくなるような女性が、あなたが好きになった人です。』

好きになる気持ちがわからなかった時、このようなアドバイスを貰いました。その時は気にも止めなかったですが、後に手を握りたくなる恋人に出会うことになりました。

『コンシェルジュに感謝していること』

成婚退会後も、相談ができたことです。

というのも2020年、コロナウイルス感染拡大のため外出の自粛や人との接触を避けるといったことが推奨されました。

パートナーが精神的に不安定になり、「一体誰に相談すればいいか」となった時、担当のコンシェルジュにメッセージで相談しました。

解決策を聞くというよりも、話を聞いて貰う感じでしたが。

『パートナーエージェントを始めた時のアドバイス』

「報・連・相」を忘れずにすることです。

誰にするのか?

もちろん、担当のコンシェルジュです。

「報・連・相」はビジネスでも言われる「報告・連絡・相談」のことです。

マッチングアプリとは違い、結婚相談所は担当者が付きます。これは大きな違いです。

良くも悪くもアドバイスを貰うことができたり、相談することができます。

現状を正確に報告や相談をしていなければ、適切なアドバイスなんて貰えません。

報告や連絡は自分自身へのフィードバックになるため、始めた方は必ずするべきです。

『パートナーエージェントはオススメできるのか』

ベストな結婚相談所だとは思っていない。

今回、私自身は無事成婚退会することはできましたが、全ての人が上手くいく結婚相談所だと思っていない。

金額もそれなりに高く付きます。(※成婚料は50,000円)他社によってはもっと安く、成婚料も0円もあります。

実績としてかなり魅力に映りますが、掲示板や口コミでもあるように、やはり上手くいっていない人がいるのも事実です。

『それでも、どんな人が向いているか』

・恋愛経験・交際経験の少ない。
・マッチングアプリを利用しても上手くいかない。
・身近に婚活について相談できる人がいない。
・結婚を真面目に考えている若い20~30代。

以上の方がパートナーエージェントを利用してもいいかもしれない。とにかくだらだら婚活するのではなく短期でスピーディーに。

最後に

以上、私がパートナーエージェントを利用した時のぶっちゃけた感想です。

良かったことも悪かったこともありました。

隣の芝生は青いともいうけれど、「他の相談所も良いな。」と思うことがありました。

結果的に良い人と出会うことが出来ましたので、終わり良ければすべて良しでした。

これから婚活をする人の参考になることを祈ります。

もし、パートナーエージェントを考えて入る方は参考下さい。

タイトルとURLをコピーしました