【レシピ】くりあじかぼちゃのカボチャ餅の作り方

天白区情報

くりあじかぼちゃとは?②

くりあじかぼちゃ(栗味南瓜)は西洋かぼちゃの一種です。

の様にホクホクとした食感があることから「くりあじかぼちゃ」と呼ばれています。

切った断面が栗の実が逆さになっているように見えます。

ちなみに洋種のかぼちゃの中でも食味は抜群に優れています。果実は1.3kg程の重さになります。

完熟してから収穫し、さらに2週間程追熟すると甘味がさらに増しすとのこと。

甘みが強い野菜のため、お菓子系の料理にも向いているそうです。

今回、紹介する『くりあじかぼちゃのかぼちゃ餅』もご飯のおかずだけでなく、子どものおやつにピッタリです。

天白区では名古屋市農業センターJA天白グリーンセンターで購入することができます。

材料

・くりあじかぼちゃ 1/4個

・片栗粉 大さじ4杯

・バター 10g

・油 少々

・砂糖 少々

作り方

かぼちゃを適当な大きさに切り分け、茹でる。火が通った後は取り出し、水気を取る。

②ボウルにかぼちゃ片栗粉を入れ、潰しながらよく混ぜる。

砂糖も加え、かぼちゃの固形分が目立たなくなるくらい潰しながら混ぜる。

④煎餅のような形を作る。直径6~8cm程がちょうどいい。

⑤フライパンにバターをひき、熱する。両面を焼き完成。

タイトルとURLをコピーしました