婚活アプリのメリット・デメリット

婚活コラム

メリット①登録者数が多く、色々な人と出会うチャンスがある!

大手のアプリは数百万人の登録者がいるので、年代や職業、趣味や性格も相性の良い人を探すことができる。

 

メリット②時間管理がしっかりできれば、同時進行で複数人と進めることができる

マッチングアプリでは複数の異性とメッセージをやりとりするのが一般的。(ただ、私自身このメリットに悩まされることになりました。)
やり取りをしていく中で、自分と合う異性を自由に選ぶことができます。

 

メリット③アプリを通してメッセージのやり取りをすることができる

LINE、メールアドレス、電話番号を初めから教える訳でないため、安心して利用できます。

 

メリット④自分の理想の条件の異性と出会うチャンスがある!

職業・年収はもちろん、身長・スタイル・宗教・国籍別など(喫煙飲酒に関しても!)も検索できるアプリもあります。

 

メリット⑤女性は基本無料のアプリが多い

ほとんどのアプリは女性が無料です。
また一昔前と違い、恋活・婚活アプリと名称も変わったことで、気軽に始めやすくなりました。
(出会い系のようなポイント制ではなく、男性が平均月額4,000円程度支払う。)

 

デメリット①アプリと印象がちがう


近年、写真の加工技術も上がったことにより「写真では可愛かった・かっこよかった」が、実際に会ってみると「全然顔が違う・好みのタイプじゃない」という場合もあります。

 

デメリット②恋愛・婚活に対する温度差

「すぐに結婚したい」「2~3年のうちに結婚したい」「恋人が欲しい」など目的や活動の温度差は当然あります。
メッセージのやり取りをしながら、確認し合うことが重要です。 

 

デメリット③プロフィール詐欺にあうことも…

結婚相談所とは違い、独身証明・年収証明・学歴証明等の書類を提出するアプリは少ないため、詐称されるリスクもあるということです。

 

デメリット④サクラがいる

監視体制が整っているアプリでも、なかには悪徳業者が存在することもあります。
有料サイトへの勧誘や商品の購入を求められる場合もあります。
(私自身、悪徳業者に出会うことはありませんでしたが、この女性は有料登録させるためのサクラなんじゃないかなと思う女性は何人か見ました。)
大手のマッチングアプリは監視体制が整っているためブロックや通報ができます。

 

デメリット⑤恋活・婚活以外の目的の異性もいる可能性がある

マッチングアプリは健全な出会いを目的としていますが、中にはその目的とは外れた人も混じっている可能性があります。
性的な目的の人、宗教勧誘目的の人、Amwayのような人。
ちなみに私は投資の勧誘や友達作りサークル勧誘の方に出会いました。

メリットでもありデメリットであること

★簡単に関係性を断つことができる★
アプリ内でのメッセージ交換やLINE交換での交流ならば、一方がブロックするだけで一瞬にして関係性を断つことができる。

友人・知人を挟んでいるわけではないため、遠慮する必要性もない。
(特に女性側は無料で利用できる面もある)

ただ、ブロックされる側からすれば、「普通にメッセージのやり取りをしていたのに、いつの間にかブロックされている。何で?何で?」となる。

私自身、ブロックされた経験は何度もあります。
何が原因かを分析し、次の出会いに活かす。簡単には言いますが、ブロックされるとなんだかんだ凹みます。
できるだけ前向きに捉えながら『次の出会い』を探すことが大切です。

 

このようなメリット・デメリットを把握した上で自分に合う出会い方を模索する必要があります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました